このサイトについて
このサイトは2007年夏に大阪府の長居公園で開催される
世界陸上大阪大会の紹介と長居公園周辺情報を紹介しています。
世界陸上観戦にお越しの方のお役に立てればうれしいです。

サイトマップ
世界陸上について
世界陸上の概要
世界陸上の歴史
現在までの世界陸上開催地
世界陸上大阪大会開催
大阪大会の詳細
日本の代表選手紹介
世界陸上のチケットを購入する
チケットを購入予定の方
長居公園周辺で宿泊するなら
長居公園周辺の宿泊施設の紹介
長居公園までのアクセス方法(車でお越しの方)
長居公園周辺の駐車場をイラストで紹介
長居公園までの交通手段(車以外のアクセス方法)
長居公園までのアクセス方法を紹介
長居周辺お食事処紹介(イラストも)
長居公園周辺の食事処を地図で紹介

世界陸上2日目観戦

世界陸上大阪大会2日目の2部観戦してきました。

私の席からみた風景(この写真のみ拡大します)
2-1.jpg

もっとコーナー寄りかと思っていたのですが
やり投げの真っ正面の席でした。
100mと幅跳びは少し遠かったのですが
棒高跳びが真ん前だったのでよかったです。

○女子7種
走り幅跳びは少し遠かったのでモニターで観てましたが
トップ選手は助走が速かったです。
7m近く飛んでいる選手もいたり、専門でも十分やってけるんじゃ?って思いました。

やり投げは正面だったのですが距離があったので双眼鏡で観戦してました。
すると、何か小さいものがちょこまか動き回ってるのを発見。
投げ終わった後のヤリを運ぶためのラジコンカーでした。
でもセリクFMの情報によるとこのラジコンカー
なんと車1台買えちゃうくらいするらしいです。

最後の800mで日本の中田選手が1人、2人と抜いたときには大歓声が
あがり会場が沸きました。

○女子棒高跳び
日本の近藤選手が4m35cmを飛んだときはこれまたすごい歓声でした。
注目ののイシンバエワ選手ですが
予選が始まるとすぐにタオルをかぶって
寝ころんじゃいました。

テレビカメラの1台は寝ころんでいるイシンバエワを常に
とり続けていました。
次々と他の選手が飛び、失敗していく中
イシンバエワ選手はピクリとも動かず寝ころんだまま。。。
そんなんでいいの?ってこっちが心配になってきました。

まだかまだかと待っていたら
決勝進出である4m55cmになるすこし前にやっと起きあがり、
そして10分程度アップし、棒を出してきて
・・・余裕で1発クリアでした。

奇跡的にいいタイミングで写真がとれました
2-2.jpg

みんなが必死で飛ぶ中、一人余裕でラクラクに飛び越え
棒をまた元の場所に戻し、靴下も脱ぎリラックスしてカメラに
手を振ってました。

○男子400m障害
成迫選手に為末選手の分もがんばってほしかったんですが、またしても0秒01差で
決勝に残ることが出来ませんでした。ほんと残念。
テレビを観て知ったのですが、為末選手もスタンドから応援していたみたいですね。

2-3.jpg

○男子100m
準決勝で朝原選手は敗れはしましたが
会場はすごい盛り上がりをみせました。
朝原選手の紹介のときが一番の歓声だったと思います。
2-4.jpg

そして、男子100m決勝を制したのはタイソン・ゲイでした。
最初パウエル選手がトップを走っていたのですが最後に
パウエルが失速しゲイ選手が追い抜き優勝を飾りました。
2-5.jpg

2-6.jpg2-7.jpg
この日は3万5000名の観客がいたそうです。
そりゃすごい熱気でした。